自分の髪の毛が復活する!おすすめの発毛剤情報をゲットせよ

男性

使い方と有効成分

育毛剤

毎日頭皮に塗ると抜け毛を予防する効果がある製品が育毛剤です。効果をしっかり得るには、有効成分を毛根に浸透させることが大切です。毛穴に汚れが詰まっていると有効成分が浸透しないので、汚れを取ってから塗ると効果的です。

毛で悩みたくない方へ

錠剤

新しい治療薬のザガーロは気になりますね。大阪には、薄毛や発毛の治療ができるクリニックがあります。ザガーロは処方箋がなければ購入することができません。効果が現れるまでに6か月前後かかるのが一般的です。

発毛を促す

頭

頭皮に塗って使うのが育毛剤です。基本的に化粧品と医薬部外品と医薬品があります。化粧品と医学部外品は、効果が穏やかです。医薬品の育毛剤は発毛剤と同じように発毛効果があるので、脱毛してしまっている人でも使えます。

毛髪が復活する薬

髪の毛

医薬品のリスク

若いころのようにフサフサの毛髪に戻したい人におすすめなのが発毛剤です。多くの発毛剤は医薬品に分類されています。医薬品なので効果効能が高く、薄毛になった頭皮にも効きます。ただし、医薬品だけにリスクがあります。初めて使う場合は、頭皮がびっくりしていろいろな副作用が出ることがあるので注意が必要です。発毛剤を使って数週間後に起こるのが初期脱毛です。起こらない人もいますが、薄毛が進行している人ほど起こるリスクが高いです。初期脱毛は、発毛サイクルが正常に戻る過程で発生する好転反応です。つまり、薄毛が治るいい兆しということです。発毛剤をつけていつも以上に抜け毛が増えても、そのまま使い続けることをおすすめします。

購入できるところ

発毛剤は医薬品として認可されています。医薬品を日本国内で正規ルートで手に入れるには、医療機関を受診する必要があります。発毛剤が手に入る医療機関は、AGAクリニック、頭皮外来などの専門外来です。専門外来ではオーダーメイドの発毛剤を出しています。また、一部の美容皮膚科でも取り扱っています。診療メニューにAGA治療がある美容皮膚科がおすすめです。ドラッグストアで手に入る発毛剤もあります。ただし、ドラッグストアで手に入れるには、薬剤師の許可を得る必要があります。ドラッグストアの発毛剤は、AGA外来などの医療機関で処方しているものよりも効果が弱めです。濃度が低いほど安全に使えるので、発毛剤初心者にはおすすめです。